りんてつ倶楽部 作業日報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016森林鉄道フェスティバル

第5回 森林鉄道フェスティバルにご来場いただき、ありがとうございました。

フェスティバル前日の準備の様子と、会場の様子をすこしご紹介します。

 

 

フェスティバル前日、断続的に雨が降る、あいにくのお天気の王滝村です。

この時期は毎年晴れている印象が強いのですが、今年はちょっと変な気候のようです。

 

No84にはサボを作成し、装着しました。

文字はNo84の写真に多く残っている、資材、人員輸送用の「林道」と

入れ替え用の「編成」を用意してみました。

 

後ろのサボ受けは無くなっていたため、製作して窓枠下に取り付けです。

正しい取り付け位置が分かりませんでしたが、撮り貯めていた映像の中に

映っているものを見つけ、窓枠下にぶら下がる位置になりました。

よく見ていただくと、前サボと後ろサボで文字に微妙な違いが・・・?

 

また、本機はエアホーンを装備していますが、まだエア配管が済んでいないため

仮付けの電気ホーンを配置し、明日の運行に備えます。

 

その他、翌日のフェスティバルに備えて各車の整備を行いますが

一癖ある車両たち。一筋縄ではいきません。

 

闇に紛れ車両に車が・・・!という訳ではなく、バッテリーの調子がイマイチなため

車からブースターケーブルを引っ張り始動を試みているところです。

遅くまで整備を続け、フェスティバルに備えました。

 

 

 

 

さて、迎えたフェスティバル当日。

 

朝方はかなりの雨で、どうなることやらと非常に心配しておりましたが・・・

 

来場者の方々が集まりだした頃には雨はあがり、日中は日差しが出るまで回復しました。

これも皆様の熱気のおかげでしょうか。

 

当日はNo132の牽引する運材列車、No142の牽引するB型客車のほか

目玉のNo84もタンク貨車列車のいでたちで運行させていただきました。

モーターカーは、一部不調の車両があり、急遽運休となった車両もありましたが

こちらも体験乗車運行を実施しました。

 

※残念ながら運行業務で忙しく、運行中のまともな写真がありません。

ご来場いただいた方の各ブログなどでぜひご覧ください。

 

 

その他、会場内では村の方による物産品、食品販売や

 

管理棟においては、 平成3年(1991年) から始まった、王滝村でのりんてつ倶楽部

の活動と、村の活動記録を小さな写真展形式で紹介させていただきました。

 

中にはやまばと客車の貴重な図面なども展示されていました。

ご覧になられましたか?

 

会場は遠路はるばるお越しいただいた方々で大盛況でした。

皆さん思い思いの場所で撮影されていたようです。

 

良い撮影ポイントにはこちらもビックリするぐらいのカメラ砲列が。

いやはや、ありがたいやら恥ずかしいやら・・・

 

会場には乗馬体験のお馬さんもご来場していました。

 

 

最後に、倶楽部の参加者で記念写真をパシャリ。

 

No132がエンジン不調で、急遽No84で押し掛けするといったドキッとしたイベントもありましたが

大きな事故もトラブルもなく、無事フェスティバルを終了させることが出来ました。

皆様本当にありがとうございました!

 

 

 

さて、今年度の村でのイベントとしては、11月5日(土)に公民館まつりということで

13時ごろからB型客車だけの体験乗車が数往復行われる予定です。

今回来場してフェスティバルを楽しまれた方も、予定が合わず来場できなかった方も

紅葉をバックに走る姿が見られるチャンスですので、木曽谷の紅葉狩りがてらに

ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

※体験乗車は天候などで急遽中止となる場合があります。

また、当日は公園へのシャトルバスなどは運行されませんので、ご注意ください。

 

 

りんてつ倶楽部HPはこちら

活動日予定活動のご案内 もご覧ください。

 

スポンサーサイト

森林鉄道フェスティバルに行こう![松原スポーツ公園編]

2016森林鉄道フェスティバル直前!ということで、会場となる王滝村 松原スポーツ公園内

現在の線路の様子をご案内したいと思います。

 

松原スポーツ公園は、王滝川のほとりにある、面積80,000m2 の広大な公園です。

元の松原停車場跡地付近になりますが、 長野県西部地震で牧尾ダムに流れ込んだ

土砂にてかさ上げをしているため、現役当時の路線よりも20m近く高い位置になっています。

 

 

現在、線路は下記写真のように、公園を囲むような形で敷設されています。

総延長は約1kmほど、フェス当日は陸上グラウンドを挟んだ献花台前と管理棟前の

2箇所の駅を結ぶダイヤで運行される予定です。

(クリックし拡大してご覧ください)

 

 

さて、ちょっと公園内線路を詳しくご案内します。

当日の写真撮影などの参考にされてみてください。

 

まずは入り口から時計回りのご案内です。

(下記写真内番号は、以下の写真番号を示します)

 

①王滝川を渡り、坂を上って公園内に入ると、建設中の踏切があります。

こちらはエンドレスを目指し、絶賛敷設中です。

線路は入り口踏み切り付近から伸びています。

 

②入り口から歩いてすぐのところに、機回し線を備える「献花台前」駅があります。

 

 

この献花台は、もとより公園の東屋だったものですが、2014年9月の御嶽山噴火の後、

噴火犠牲者への献花台として利用されています。

晴れていれば御嶽山が見渡せる場所で、今でも花や千羽鶴が供えられています。

 

 

 

 

③線路は王滝川に沿って北東に進みます。天気がよければ、こちら側では

御嶽山や村をバックに写真を撮ることが出来るかもしれません。

 

④続いて進むと、本線の左手に車庫が見えてきます。

 

⑤車庫前にもホームがありますが、今回のイベントでは使用されない予定です。

イベント中の運行していない車両は、主にこちらでお休みしている予定です。

 

⑥線路は用水路を超え、公園の山側に沿って走ります。

このカーブは公園内の最急カーブです。車両もゆっくり進みます。

 

⑦用水路沿いに、生い茂る木々の下を走ります。

10月ではちょっと早いかもしれませんが、紅葉とのマッチングも

見られるかもしれません。

 

 

つづいて後半、野球グラウンドを超え、陸上グラウンド付近からです。

 

⑧⑨線路は張り出した切り通しを回り込み、大きくカーブを描きます。

 

⑩陸上グラウンドを見ながらしばらく進むと、水路をまたぐための木橋を渡り

線路は西へカーブします。

 

⑪踏み切りを超え、管理棟方面へ向かいます。

実は、このあたりは坂になっており、当路線イチの難所(!?)です。

 

⑫右へ左へカーブしながら、管理棟を目指します。

 

⑬管理棟手前で曲がると、管理棟前駅に着きます。

当日はここが終点の予定です。

 

⑭管理棟前駅の先には、機回し線があります。

ここで編成の方向転換を行い、往復運転を行います。

 

公園は山沿いのため、時間帯によっては日差しで車両が陰になってしまう場所もあります。

良いポジションを捜し、一日ゆっくり見学してみてはいかがでしょうか。

 

なお、当日の運行ダイヤ概略ついては、村のイベントページにて

公開されていますので、ご覧ください。

(運行ダイヤは車両整備状況などにより、当日変更される可能性があります。)

 

 

りんてつ倶楽部HPはこちら

活動日予定活動のご案内 もご覧ください。

 

 

森林鉄道フェスティバルに行こう![アクセス編]

いよいよ第5回目となる2016森林鉄道フェスティバルが目前になって参りました。

 

今回も残念ながら某模型のお祭りと一緒のタイミングとなってしまいましたが

ここでちょっと趣向を変えて、はじめてフェスティバルを訪問してみようと思う方などに向けて

今回の会場でもあり、我々の活動のホームとなる松原スポーツ公園までの

公共交通を使用するアクセスなどについてご紹介します。

 


バスで王滝村へ

木曽森林鉄道の国鉄接続駅としては上松駅でしたが、今の木曽谷の玄関口は
木曽福島駅です。駅前から木曽町生活交通バスが王滝村まで出ています。

土日祝日は5往復と少々少なめ(山シーズンの今は田の原行きも使えます!)ですが
なんとこのバス、30分揺られて乗っても200円という脅威の安さ!すばらしい!

 

 

 

・バス停から公園まで
バスは公民館や王滝食堂がある王滝村中心部に着きます。
森林鉄道フェスティバル当日は、ここから会場となる松原スポーツ公園まで
無料シャトルバスが運行されますが、通常はここから公園まで3キロ弱、徒歩30分程度

かかります。

 

 

村中心部を抜けるとほとんど平坦な道ですので、そこまでキツい道のりではないですが
ちょっとひとふん張りが必要な距離です。

なお、村に常駐タクシーはいません。木曽福島からの迎車になってしまうので
実質的にタクシーは使用できません。

 

 

・関東からの日帰り日程

朝イチの電車で東京から新幹線名古屋経由で木曽福島まで向かった場合

木曽福島着への到着は9:24です。この時間ですと木曽福島10:40発→会場着11:30の

バスになり、残念ながら始発あずさに乗って塩尻経由とした場合と変わりません。

一日使ってたっぷり楽しみたい方は、王滝村や木曽福島、または名古屋、塩尻、松本など

への前泊をオススメします。

 

 

・レンタカーを使う

バスのルートをご案内しましたが、やはり時間の余裕や自由度が高いのは車。

木曽福島駅からタクシーでは片道7000円(!)掛かってしまいますので、駅前から

駅レンタカー日産レンタカーを使っていただくことをお勧めします。

東京方面からの場合、塩尻駅周辺に格安レンタカーが数件ありますので

そちらを使用するのも良いと思います。

 

車であれば、滝越まで足を伸ばして水交園や自然湖見学などもオススメです。

 

 

・現地食糧事情

現地での食糧事情ですが、王滝村内にコンビニは無く、公民館隣の酒屋さんと

前回紹介した王滝食堂さんのみとなります。

イベント当日は公園内に売店が出ることになっており、そちらで食べ物が販売されますが

普段は何もないため、必要であれば木曽福島駅で確保する(徒歩5分にセブンイレブンあり)か、

車であれば途中の「道の駅 三岳」でおにぎりやお弁当を買うことも出来ます。

 

なお、公園内には自販機がありますので、飲み物は現地で確保も可能です。

 

 

・フェスティバル以外の現地について

通常、公園内の車両は施錠された車庫に入っているため、残念ながら姿を見て

いただくことは出来ません。

倶楽部の活動日に合わせて来ていただければ、車庫内を見ていただくことができますので

フェスティバル以外で来られる方は、HPの予定をご覧の上、お越しください。

 

 

フェスティバルへのお越しをお待ちしています!

 

 

りんてつ倶楽部HPはこちら

活動日予定活動のご案内 もご覧ください。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。